自力で交換しようとしたらサッシとガラスが合いませんでした

最近私はDIYに凝っているのですが、たまたま子供が窓ガラスを割ってしまったので、自力で窓ガラスの交換しようと思いつきました。とりわけ窓ガラスというのは、子供に限らず大人でもちょっと油断をしていると割ってしまうものです。

そこで、ホームセンターで交換用のガラスやガラスを切るための工具が売っているのかどうかを調べたのですが、あいにく売っていませんでした。ちょっとした家具を作る程度ならば、ホームセンターに行くと材料から工具関係など何でも手に入るのですが、窓ガラスのDIYは安全性の問題を配慮してのことなのか詳しいことまでは分かりませんが販売していないですね。そこで、近所の建具屋さんでガラスだけ安く譲ってもらったのですが、もう少しのところでサッシとガラスが合いませんでした。それに、ガラスとサッシとの間に埋めるパッキンのような役目をしているゴムも劣化しており、中々うまくはめ込むことができませんでした。

そこで、サッシにうまくはめ込めるようにガラスを少し切らないといけないのですが、ガラスを切る工具まで建具屋さんに借りることはさすがにあつかましいという思いがしたために踏みとどまりました。そこで、インターネットでガラス交換と入力をして調べたところ、ガラスやガラスを切る専用カッターなどを通信販売で販売してくれるサイトが見つかりました。「ギヤマン」というサイトなのですが、このサイトは痒いところに手が届くような親切なサイトで、ガラス板からガラスカッター、さらにはガラスとサッシとの間にはめ込むところのゴムパッキンなど何でも通販で手に入れることができるのです。こうした困っている人のニーズに応えるような商売というのは、今後益々発展していくのではないかとこの時ばかりはつくづく思いました。

余談にはなりますが、外壁サッシの窓ガラスというのは相当分厚いガラスなのでそう簡単に割れるということもないかもしれませんね。